ARTIST STATEMENT

During the production, I use things that happen by chance to paint. I am very much influenced by how Jackson Pollock painted and how Saburo Aso drew.
I use this style when I collaborate with others.

Though I do not have religion, I think Shintoism and Buddhism, which are the roots of Japanese culture, have influence on me. I sometimes feel that I am a tiny part of the universe and there is no border between the things. For instance, the scenery I get to see with my boyfriend. It feels like that the vision in front of me, he, and I are blended then.
And suppose we are at a music venue. The sound the musicians create, their silhouettes, the atmosphere that comes from the audience paying close attention, and the whispering chats all these things seem to me as if they are blended altogether. Encountering situations like this makes me want to paint. And I often perceive these notions abstractly, so many of my works are abstract.

Time to time, I come across little children’s paintings, from which their emotions overflow. I believe they are true artworks. Since I became conscious of children’s work, I had been wondering if pursuing techniques like an artisan might cause lack of the reality I longed to express, as children do not have such methods.
However, I realized that it was simply that I hadn’t found the method that suited me. After exploring various methods, I am recently rediscovering the pleasure of oil paintings, which I learned when I was a teenager. I came to see oil paintings as my core method and pursue and develop it further as the method that represents me. I believe I can then bring my work to a higher level.

 

The invisible things like atmospheres, thoughts and feelings, and things our eyes can perceive. They are all blended together. I want to continue to express such perception that I feel in my daily life through my work.

translated by Yuki Ishiwata

制作する過程において、偶然に起きることを使って描く。ジャクソンポロックの制作姿勢と麻生三郎のデッサンからとても影響を受けている。

コラボレーションも同じような感覚でやっている。

 

自分は無宗教だが、日本文化のベースにある神道、仏教の考え方に影響されているように思う。自分は宇宙の中の小さな一部であり、物事には境目がない、という風に感じることがある。例えば、恋人と一緒に見る風景。目の前の風景と彼と自分が混ざりあっているように感じることがある。例えば、ライブ会場で。ミュージシャンが奏でる音とミュージシャンのシルエット、観客の集中している空気、小声の話し声、いろんなものが混ざり合っているように感じることがある。そういう場面に出会うとそれを描きたくなる。それは抽象的に感じることが多いので、自分の作品は抽象的なものが多い。

 

幼い子の描く絵で、その子が感じていることがいっぱい湧き出ているものに出会うことがある。ああいうのを自分はとてもリアルな作品だと思う。子供の作品を意識してから、(子供は技法を持っていないので)職人のように技法を追求していくことは私が求めるリアリティさを欠く原因になるのではないか、とずっと考えていた。しかしそれは自分が単に自分にあった技法を見つけられていないからだということに気づいた。色々な技法を試して、最近10代の頃に学んだ油彩の楽しさを再認識している。油彩を自分の軸の技法として捉え、それを自分に合わせた技法として追求、発展させていこうと考え直している。そうすることでもっと作品をクオリティの高いものにしていけるのではないかと考えている。

 

見えない空気や思考や感情、実際に目で見えるもの、そういうものを全てが 混ざり合っているという自分が普段の生活の中で感じる感覚をこれからも表現していきたい